10年、20年先も必要とされるビジネスエンジニア

SEとして技術だけを極めるのは時代遅れ

技術だけを極める時代は終わったと思います。例えば、2008年にあったリーマンショック時の不況の折、技術力の高い人たちでさえ淘汰される姿を目の当たりにしてきました。では、何が必要なのか。エンジニアとして技術があるのは当然で、さらに+αの強みを持たなければならないと感じています。
例えば、営業の人でも技術のことを知っていれば仕事の幅が広がるし、開発者でもまわりとうまくコミュニケーションを取りながら進めることでよりよいものができる。
2つ目、3つ目の能力を磨いて他に抜きんでることが重要で、提案力、調整力、営業力、マネジメント力など、10年、20年先でも必要とされるビジネスエンジニアの育成とキャリア形成に最も力を入れております。

>トップメッセージ


当社にとって一番利益があるのは、メンバーの得意案件をそのままお任せすることです。しかし、技術の進歩が速いこの業界で、一つの技術に固執するのはエンジニアにとってリスクがあります。

当社では得意分野だけでなく、新しい言語や工程・プロジェクトにも挑戦してもらっています。例えば、IoTやAIなどトレンドの技術を学べる機会として、社外の勉強会研修社内の定例会での発表の機会、挑戦できる環境も用意しております。

teireikai
syagai-benkyou

「挑戦?今のままでいい,,」では、エンジニアとして生き残れる保証はない

これから先、「エンジニアとして開発を続けていきたい」と思うのであれば、成長をし続ける必要があると私は思います。「今の仕事がこのまま続く」なんて保証はどこにもありません。
会社の体制でプロジェクトが変わることもありますし、必要とされてなければ切られることも、経営面での傾きで急に職を失う可能性だってあります。そんな変化が起きたときに必要になるのは、エンジニアとしての技術力ではなく、これまで経験して培ってきたコミュニケーション力や提案力、交渉力、調整力といったスキルが必要です。

『個性と挑戦』のスローガンは、『一生食っていけるエンジニア』につながっており、技術力以外の部分のスキルを伸ばせる環境を作ってくれるのがグローバルワークスにあります。


女性メンバも増えて女子会ができるようになりました。

グローバルワークスでは、チーム体制で業務を行っています。一人で業務をこなすほうが面倒がなく効率的だという方もいるかもしれません。しかし、雰囲気が良く、チームとしてきちんと機能していればそれだけ生産性も上がり、個々に負担がかからないといったメリットもあります。

私は現在、7名の部下をまとめるチームリーダーを任されており、部下がお客様先や社内で評価されると嬉しくて、部下の成長を感じられることが私のモチベーションに繋がっています。その思いが部下へ、またその部下へと繋がっていく。そんな感動を味わえるのも、チームで行動している弊社ならではだと感じています。

残業や休日出勤は1人の社員の力で回避できるものではありませんが、チームだと回避できる。


グローバルワークスでは、一人に負担がかかるような体制はとっておりません。リーダーはメンバーを支援し、メンバーはサブリーダーを支え、サブリーダーはリーダーを支える。お互いがお互いをを支え合い、ワークライフバランスを実現する体制を整えております。
メンバーが支えてくれるので休暇も取りやすいですし、リーダーに掛かる負荷も多くはありませんのでメンバーに感謝しております。


私がグローバルワークスに応募して面接の時にふと話した「小学生向けプログラミング教室をやりたい」と言う私の夢を、社長は真剣に受け止めてくれました。

こうして入社後すぐに、普段の業務の傍らプロジェクトがスタート。機材の購入支援はもちろん、協力してくれるメンバーも続々と集まり、入社1年目にして目標を実現。最近行ったワークショップでは2日間で約1000名の方に参加していただきました。

グローバルワークスで、「やってみたい」が現実になりました。

pitme-jinkawa
jinkawa-pitme2
jinkawa-pitme4
社内で企画を練り一から起ち上げ、イベント出展や小学校でワークショップを開催できるまでになりました。


これからのエンジニア人生を考えた時、「このままでいいんだろうか」とふと思い始めました。

一定の年齢になると、求められる要素が変わってくるのを感じ、例えば、部下ができる、人を育てるといった時に、指導する立場や見本となる立場として、私にできるだろうかと不安になり、常に成長していかなければと思うようになりました。

今では、日々の目先の業務だけではなく、「採用」の業務に携わって、エンジニアの業務以外での様々な経験を積ませてもらっております。

人事をやってみたいと相談したら、採用担当になりました。
SE(システムエンジニア)採用情報
職種名 システムエンジニア・プログラマ
募集背景 もともと大手システム開発会社でエンジニアをしていた社長が、「より社員が働きやすい会社を創りたい」という想いで設立した当社。おかげさまで順調に成長しており、近年は大手ガス会社や電力会社をはじめ、寄せられる案件も安定して増加しております。 加えて、さらなる事業拡大を計画中。今後多くのポストがうまれる予定です。 実績・成果に応じて、すぐにでもリーダー職をお任せする可能性も十分にあり、「目標はあるがチャンスがない・・」と考えられている方は、ぜひお話を聞かせていただきたいです。
仕事内容 大手ガス会社や電力会社、大手通信会社などと取引を行ないシステム開発に従事している当社。あなたには業務システムの設計・開発に携わっていただきます。当社が手がけるのは、半年~1年以上の長期案件が主力。チームの仲間とコミュニケーションをとりながら、仕事を進めていきましょう。 残業は基本的に月20時間未満ですので、自分の時間を大切にでき、スキルアップする時間や息抜きの時間を確保できます。 【具体的には】 社内、あるいは取引先で業務システムの設計・開発に携わっていただきます。たとえば紙ベースで行なっている作業の電子化や更新が必要なシステムの刷新など、お客様の作業効率を向上させるシステムの導入・開発を手がけてください。 ・開発言語/Java , C# , C , .net , PHP , Rubyなど ・DB/ORACLE , SQL Server , MySQLなど ・開発期間/半年~1年 ・チームのメンバー数/5名~20名 ■チームで取り組む仕事 リーダーがクライアントのシステム担当者と開発の方向性を決定。拾い上げた要望から要件をまとめ、メンバーに指示を出していきます。メンバーはリーダーの指示を受けつつ、仕事を進めていく役割です。 ■研修制度 必要に応じ、専門的な知識や技術を高めるための研修を行なっています。開発技術はもちろんのこと仕事のスケジューリングや進捗把握、相談・報告の習慣付けといった基本的な部分からOJTで指導しますので、安心してスタートください。 ■スキルアップ支援 資格取得支援制度や関連図書購入支援制度など、社員の自発的な成長をサポートする制度が整っています。月2回行なっている社内定例会では社内に留まらない情報交換も活発です。
応募資格 【職種・業種未経験歓迎】 ■実務経験がある方 ■プログラミングや言語の知識をお持ちの方 ※学歴不問
雇用形態 正社員 ※6ヶ月間の試用期間があります。その間、給与・待遇は変わりません。
勤務地・交通 本社(福岡市博多区博多駅東1-12-5)または福岡市内のプロジェクト先  ※転勤はありません。この先もずっと福岡に腰を据えて働けます。 ※交通費は全額支給
勤務時間 9:00~18:00(実働8時間) ※残業時間は基本的に月15時間未満です。 残業が月20時間を超えて個人の負担が大きくなった場合は社長が自ら取引先に改善要求をしています。
給与 月給18万円~42万円 ・上記給与に固定残業代もしくはみなし残業代は含みません。 ・残業手当を含む諸手当は、全て別途全額支給いたします。 ・経験・能力を考慮して、加給・優遇いたします。 【昇給】 昨年度昇給実績:2800円~5万7000円 【年収例】 708万円/42歳/13年目(月給48万円) 484万円/30歳/7年目(月給32万円) 330万円/23歳/2年目(月給21万円) 【経営の可視化】 年1回の「決算報告会」で会社の数字を公開し、経営の透明性確保に取り組んでいる当社。 できる限り利益は、待遇や給与へ公平に還元しています。
休日休暇 ■完全週休2日制(土・日) ■祝日 ■GW ■夏季休暇(3日) ■年末年始休暇(6日) ■有給休暇 ■慶弔休暇 ■特別休暇 <年間休日124日>

有給休暇取得率、前年度75.5%!!

2018年度:75.5% 2017年度:72.0% 2016年度:72.9% 2015年度:63.0% 2014年度:68.9% ※厚生労働省「平成28年就労条件総合調査」での有給休暇取得率全国平均は48.7%

社長の言葉

私個人で大切にしていることは、社員が働きやすいと感じられる環境づくりです。例えば、残業や休日出勤は1人の社員の力で回避できるものではないと思います。だから、社長である私が発生させないように努めています。 「遊びに行きたい!」などのプライベートな理由で、どんどんお休みを取ってほしいというのが私の考え。 公私のバランスを取りながら働けることは、お約束します。
福利厚生・待遇 ■様々な社内行事 毎月のイベントとして花見やサマーキャンプ、社員旅行(2017年度は台湾、2018年度はグアム)を実施。年1回の決算報告会では会社の数字を公開し、経営の透明性確保に取り組んでいます。 ■入社準備金(10万円:初任給とあわせて支給) ■昇給年1回(7月) ■賞与年2回(6月・12月) ■交通費全額支給 ■社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金) ■福利厚生生命保険制度(個人負担なし) ■時間外手当(居酒屋など、社外で打ち合わせをする場合も100%支給) ■社内イベントの全額会社負担(社内懇親会、自社イベント、社内打ち合わせ) ■社員旅行(台湾グアム) ■独立支援制度(2017年度 独立起業実績:1名) ■図書購入支援制度 ■その他・各種手当(職能手当・報奨金・資格取得支援制度・面接交通費補助