先輩ママとして登壇しました!【女性のためのウェルカムバック支援プログラム】

グローバルワークスでプロモーション担当をしております十時です。
先日、福岡女子大学で行われた「ウェルカムバック支援プログラム」の開講式に、先輩ママとして登壇いたしました。その際に話した内容も交えながら、グローバルワークスの魅力についてもお伝えします。
エンジニアとしてまた働きたいというママや、今後結婚・出産してもエンジニアとして働きたいという女性に読んで頂ければ嬉しいです。

※ウェルカムバック支援プログラムについての詳細はこちら
写真は、緊張でマイクを持つ手が震えたスピーチ場面です(笑)

モヤモヤした主婦時代

私は結婚・出産を機に7年間ほど専業主婦をしておりました。社会人経験も短く、人に誇れるスキルも資格も無い。
おまけに子どもも3人いて、実家も遠くサポートを頼めない。こんな状況で、働くなんて無理だろうと勝手に考えていました。

しかし、「いつか働きたい」という想いがあり、NPO法人ママワーク研究所様の「わたしRestartプロジェクト」に参加。
そのプロジェクトでご縁をいただいたのが、グローバルワークスでした。
※ママワーク研究所様の詳しい活動等はこちら
私自身もママワークさんの力強いサポートのおかげで就職できました!

そのままの自分を評価してくれたグローバルワークス

キャリアもスキルも無いと自信が無かった私ですが、入社時の面接で「十時さんにしか出来ない仕事を任せたい」と言われたんです。グローバルワークスでは、社会人経験の長さなどで判断せず、自分が今までやってきたことや、人と関わることが好きという個性を評価してもらったように思います。
業務内容も、プログラミング教育の企画や資料の作成、HPの記事のライティング、営業活動など、やってみたい!と思ったことは幅広くチャレンジさせてもらっています。30代で社会人1年目のような私ですが、それでも挑戦できる環境があることが、グローバルワークスの魅力だと思います。

グローバルワークスでの働き方

入社当初は、10時から14時、週3日という短時間勤務でスタートしました。
私は当時長男が小学一年生、次男が幼稚園の年少、一番下の長女は週3回の未就園クラスに通っているという状況だったので、長男の帰宅に合わせて、そして長女が幼稚園に行っている時間で働けるというのは凄く助かりました。

現在は、私自身の「もっと働きたい」「もっと会社の為に役に立ちたい」という意欲が強くなったこともあり、週5日、9時~16時の短時間勤務で働かせていただいています。初めからフルタイムで!というのではなく、少しずつ自分や家族に無理が出ないような働き方をさせてもらえたのが、今でも仕事を続けられている秘訣だと感じています。

大事なのは「制度がある」ことではない

グローバルワークスにも育児短時間勤務制度というものがあります。
※女性エンジニアのサポートに関して詳しくはこちら
制度としては、『3歳未満の子を持つ社員は短時間勤務制度を活用いただけます。3歳以上の場合でも、ご事情をご相談の上、時短勤務を認める場合もあります。』というものなのですが、実は太字の後半部分がすごく大事で、私自身も子どもは3歳以上ですが、会社も私も納得して、お互いが幸せになれる条件をすり合わせたのが今の勤務体系なんです。自分はどうしたいのかをはっきり伝え、周りときちんとコミュニケーションを取ることも、ママが働くうえで大切だと感じています。(もちろん、会社の理解があってこそ!ありがとうございます!!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、何やら偉そなことを言っている私ですが、「もっと働けたら・・」ともどかしい思いをすることもありますし、
逆に「働いて無かったらもっと出来ることがあるのかな」と家事と育児のバランスに悩む事もあります。(落ち込むときは相当落ち込み、悶々とすることもあります..笑)
でも、はっきり言えるのは、勇気を出して一歩踏み出して良かった!ということ。
そして、グローバルワークスで良かった!という事です。
先日のこのイベントにも「おお!すごいじゃないですか!」と会社の業務としていってらっしゃい!と快く送り出してくれた社長。制度ではなく、受け入れてくれる雰囲気と一緒に働く人たちの優しさが働きやすさに繋がっているのだと思います。

一緒に働く仲間を募集中!

再就職、もしくは転職するというのは、人生においても一大イベントだと思います。もし、グローバルワークスで働くことであなたの人生がより良いものになったら嬉しいですし、そうなってもらう環境作りは社員一同頑張り続けているところです。
少しでも多くの方に納得して、自分らしく働いてもらいたい。そして、それが叶う場所がグローバルワークスだったとしたら最高に嬉しいです!
これからもプロモーション担当として、未来の一緒に働く仲間に向けた情報発信を続けたいと思います。

エンジニア・プログラマ随時募集中ですので、お気軽にお問い合わせください!