社員インタビュー│Mori Rie (SE/2017入社)

現場で自社のメンバーを取りまとめるリーダーを務める森さんにお話しを伺いました。
インタビューを通して、グローバルワークスの雰囲気や魅力を感じていただけたら嬉しいです。

現在、どんなお仕事をされていますか?

組み込みの製品開発を行っています。また、現場の自社メンバーを取りまとめるチームリーダーとしての役割を担っています。

グローバルワークスと出会ったきっかけは何ですか?

実はもともと積極的に転職するつもりはありませんでした。
たまたま頂いたスカウトメールに「お話しだけでも」との言葉があり、話を聞くだけならと軽い気持ちで社長と会ったことがきっかけです。

転職するつもりは無かったのに、転職するきっかけは何だったのでしょうか?

話しだけならと参加した説明会で、社長の谷川から「プログラミングなどのソフトの仕事以外にも、年齢やキャリアを重ねてもやっていけること、続けていけることを会社として広げていきたい」という話がありました。

もともと、この先ずっとプログラミングだけを続けていくことに疑問というか不安みたいなものをを持ち始めていたこともあり、会社の将来性やチャレンジ精神に魅力を感じて入社を決めました。

プログラミングだけでは不安というのはどういった背景から思うようになったのでしょうか?

今後、技術が進み、誰でも簡単にコードを書けるようなツールが存在する時代がやってくるかもしれません。
そうなった時、プログラミングだけをやっているエンジニアとしてでは、生き残れないと思うんです。

だからこそ、プログラミング以外の何か、例えば、人を育てるマネジメント力や仕事やプライベートを両立させるための調整力などを身に付けて、自分の強みとすることは大事なのではないかと考えています。

グローバルワークスの魅力は何だと思いますか?

子供向けのプログラミング教育のピットミーや、営業、採用などの業務を若いうちから経験出来るという会社の取り組みは、他社にはない魅力だと感じています。

若いうちに経験を積み、年齢が上がったら専任として業務を行うなど、エンジニアの先のキャリアの選択肢が数多く思い描けるのは、グローバルワークスならではだと感じています。

グローバルワークスの良いところは?

エンジニアのチーム体制
グローバルワークスの良さは、チームで業務を行っているところです。
チームと聞くと、後輩を面倒をみたり、育成するなどの面倒な業務が増え、大変だと思う方もいるかもしれません。しかし、後輩が育てばチームのメンバーで業務をフォローし合うことができ、生産性も上がります。

理想はリーダーが一週間休みを取っても、滞りなく業務が回るような環境
現在、私のチームではその理想を実現に向けて体制を整えております。

何が仕事のモチベーションになっていますか?

エンジニア女子会がある会社
仕事のモチベーションとなっているのは、リーダーとしての責任感です。「森さんに任せておけば大丈夫」と信頼してもらえることはとても嬉しいです。また、後輩の成長を感じられたり、後輩が評価されていたら、自分のことのように嬉しくて、モチベーションが上がります。

何を大事に仕事をしていますか?

仕事をしているうえで大事にしているのは、「一緒に仕事をしたい」と思われる人であるということです。

やるべきことやる、手を抜かないなどの技術的なことは勿論、「森さんがいると、現場が明るくなるから良いね」というような人間的な部分でも評価される人でありたいと考えています。

グローバルワークスっぽい人ってどんな人だと思いますか?

グローバルワークスっぽい人は誰と聞かれたら?それは、谷川社長!(即答)
うちの社員はみんな社長が大好きですよね!
社長と話したら、みんな好きになると思います。
私自身も、事前にホームページで社長チップスの記事などを読んでいたのですが、面白い人だなと興味を持っていました。
自身の失敗談も包み隠さず話す人柄にも、とても好感を覚えていました。

編集後記

いかがでしたか?
森さんの「後輩を思う気持ち」、「リーダーとしての責任感」に触れ、森さんのようなかっこいい女性になりたいと私自身も大変刺激を受けました。
改めて、森さんのような社員がいるグローバルワークスで働けることに喜びを感じております。
今回のインタビューを通して、グローバルワークスの雰囲気や想いが少しでも伝わっていたら幸いです。
「森さんのようなリーダーの元で働きたい!」、「森さんのようにリーダーという役職で自分らしさを発揮してみたい!」など、少しでも興味を持った方がいらっしゃいましたら、どうぞご連絡ください。お待ちしております。